2016年12月09日

コンピュータゲームを定義してみよう

これが一番広くてわかりやすい定義なのは間違いないだろう(「コンピュータの上で動くからコンピュータゲームっていうのさ!」…実に簡単だ)。
 でも、この定義にはいただけないところがある。

 なぜなら、この定義だと、インターネット雀荘である『東風荘』とか、Zyngaの『テキサスホールデムポーカー』(最もプレイ人口が多いポーカーゲームの一つ)、それともマイクロソフトのWindowsで遊べる『ソリティア』のように、場のためにコンピュータを使用しているゲームまでコンピュータゲームの範疇に含まれる。これはこれでコンピュータが伝統的なゲームにもたらした恩恵なのだけど、原理的にはPBM(Play By Mailの略。物理的な手紙のやりとりでゲームをプレイしていた時代があったのだ)でもプレイ可能なものが多く、コンピュータゲームの定義に入れるとイロイロ面倒なので、もうちょっと定義をいじることにしよう。  


Posted by bibosan at 16:27Comments(0)パソコンゲーム

2016年11月04日

「フレンドラ」

「海賊ドラコ」は、大陸の1つ「海賊達の大陸」で暮らすドラコ。5月31日には記者を集め、収録直後だというスギちゃんへの囲みインタビュー取材が実施された。

 スギちゃんが声優として起用された経緯だが、そもそも「フレンドラ」には、ガイド役の「メイド」と「王様」のボイス以外を入れる予定がなかったという。しかし序盤で登場する「海賊ドラコ」がユーザーの目に触れると、「○○だぜぇ」という口癖が「スギちゃんっぽい」と話題になり、DMM側はこの反応を受けて正式にスギちゃんにオファーを出したところ、快諾だったそうだ。

 スギちゃんはワイルド芸でブレイク以降、実は「声の仕事が増えてきている」と話した。「他にあの声出せる人がいないからねぇ」と自信満々で、初めてだった「キャラクターに声をあてる仕事」のオファーには「ついに来たか」と感じたという。収録自体は「『海賊ドラコ』のキャラクターをスギちゃんに寄せていくから、口調や声色はそのままで良い」というDMMの指示もあり、10分ほどで終了するほど快調だったそうだ。  


Posted by bibosan at 17:11Comments(0)

2016年11月03日

映画館の「一番良い席」は決まっている

お金を払って映画館で映画を見るなら、できるだけ良い席に座りたいものです。では、一番良い席とはどこなのでしょうか。大半の映画館の構造からすると、一番良いのは、前から3分の2くらいの列の真ん中の席です。

映画に関わる音響技術サービスを提供するTHXのグローバルテクノロジー担当ディレクターであるSteve Martz氏は、エンターテインメントサイト「Vulture」に対し、映画館の建設中に、技術者は複数の座席にマイクを設置して、音響と映像のクオリティをテストすると説明しています。

テストの目的は、劇場内のどの座席に座っても最高の体験ができるようにすることなのですが、テスト用のマイクが設置された場所にできるだけ近い場所が良い席ということになります。その場所とは通常、スクリーンから後方へ3分の2ほど進んだ列の真ん中です。  


Posted by bibosan at 18:34Comments(0)ゲーム

2016年10月31日

朴氏の友人が出頭へ

韓国の朴槿恵大統領が、友人の女性に機密情報を渡していたとされる問題で、この女性が31日午後、検察に出頭し、事情聴取を受ける予定。疑惑の中心人物への事情聴取で朴大統領との不透明な関係について、検察がどこまで真相に迫れるかが焦点。

 30日、滞在先のドイツから帰国した崔順実氏は、31日午後3時に検察に出頭する予定。崔氏は帰国前に応じた韓国紙のインタビューで、人事や外交に介入した疑惑を否定していて、31日の事情聴取で、崔氏に機密資料が渡った経緯について検察がどこまで明らかにできるかが焦点。

 ただ韓国では、検察が大統領府の意向を受けた捜査をするのではないかとの不信感が根強く、31日の朝鮮日報は、「崔氏というトカゲのしっぽ切りで終わらせるべきではない」との社説を掲載している。韓国の憲法では、現職の大統領は刑事訴追を受けないと規定されているが、与党セヌリ党は30日、朴大統領に対し、今の閣僚を更迭し、新しい閣僚を野党と協議して決める、「中立内閣」を受け入れるよう求めた。
  


Posted by bibosan at 14:54Comments(0)ニュース

2016年10月29日

次々明らかに…ウソで塗り固めた高樹沙耶の“理想郷生活”

元女優・高樹沙耶(本名・益戸育江)容疑者(53)の大麻逮捕から、29日で5日目。沖縄・石垣島の“理想郷生活”のウソが次々に明らかになってきた。

 そもそも高樹容疑者は以前から「大麻は持っていない」とメディアに明言していたが、自宅からは100回分以上に相当する乾燥大麻55グラムが見つかり、吸引用パイプも10本以上見つかった。

 高樹容疑者のウソはこれだけではない。今月7日のTBS系バラエティー番組で「4人の男性と共同生活」と放送されたが、日刊ゲンダイ既報通り、4人のうちの1人の元参院議員は一緒に住んでいなかった。

 また、高樹容疑者は番組で、石垣島に購入した約4000平方メートルの“ジャングル”をナタを持ってひとりで開墾したかのように語っていた。その際、出会った仲間たちと宿泊施設を手作りし、月30万円の収入があるとも話していた。最近は地元にも溶け込んでいると放送されたが、これも事実とは異なるようだ。

「実際はほとんど近所付き合いはなく、引っ越しの挨拶もありませんでしたね。高樹さんは建物にこだわっていたようで、以前住んでいたジャワ島の建築様式を取り入れるため、現地から業者を呼んだと聞きました。お客が宿泊しているのをほとんど見たことありません。近所では『大麻草を作ってるんじゃないか』とウワサされ、誰も近づこうともしませんでした」  


Posted by bibosan at 16:49Comments(0)ゲーム

2016年10月22日

言語「美しさ」

言語(ことば)に対してならば、挙げていただいているように、
発音であったり、アクセントであったり。
文体であったり、文字の形であったり。  


Posted by bibosan at 17:46Comments(0)

2016年10月16日

中国人が警戒を抱かざるを得ない日本の10式戦車の「高性能ぶり」

 中国メディアの参考消息は11日、米国のナショナル・インタレストがこのほど、陸上自衛隊の10式戦車について「10式戦車は小型の戦車としてデザインされており、戦術・戦略における高い機動性がある」、「小型であるため空輸・海輸に適している」、「スピードと高い機動性がある」と称賛したことを伝えた。

 記事は10式戦車が43mph(時速約69km)で走行可能であること、敵機に照準を合わせられたときに、それを乗員に知らせつつ自動的に煙幕を張るシステムが搭載されていること、昼夜を問わない360度照準装置などについても紹介。

 さらに、「注目に値する特別な点」として、10式戦車はC4I化されているため戦場で基幹連隊指揮統制システム(ReCs)にアクセスすることが可能であり、360度照準装置から得た情報をReCsに供給できることも紹介し、その高性能ぶりから「武器輸出を解禁した日本にとって輸出第一号の戦車になる可能性がある」と伝えている。なおC4Iとは「Command(指揮)」、「Control(統制)」、「Communication(通信)」、「Computer」、「Intelligence(知能)」の頭文字から成る情報処理システムのことで、文字通り指揮・統制に関わる機能をもつ。同記事が注目した特別な点とは、C4I化した戦車が戦術情報を共有できるということで、前線にいる各戦車が360度照準装置などで得た情報を本部に送り指示を受けることができるというものだ。  


Posted by bibosan at 17:07Comments(0)

2016年10月07日

点滴殺人の大口病院 現場病棟で看護師同士のいじめトラブル

 神奈川県横浜市の大口病院で発生した、連続殺人事件。「慢性期」と呼ばれる末期がんや重度の脳梗塞の患者が入院する同院4階の一般病棟で、2人の患者が相次いで中毒死した。いずれも点滴に異物が混入されたものとみられている。

 点滴による連続殺人が発覚する直前、大口病院の4階ナースステーションではトラブルが相次いでいた。

 最初に起きたのは今年4月の注射針“針山”事件だ。ナースステーションに置かれていたある看護師の筆箱に、10本以上の注射針が刺され、針山のような状態になっていたという。

 ナースステーションが無人になったときを狙って行われた卑劣な行為は、それだけでは止まらなかった。

 同じ4月には、ナースステーションの壁に掛けられていた看護師の白衣が切り裂かれる事件が発生する。1か所ではなく、はさみなどの刃物で何か所も執拗に切り刻まれていたという。

 今年6月には4階の入院患者のカルテがなくなり、後に別の階の看護部長の机から見つかる騒動も起きている。  


Posted by bibosan at 17:31Comments(0)

2016年10月05日

「Theater Cafe & Dinning “STORIA”」


STORIAのイベント開催スケジュール

10月5日(水)
ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト(スクウェア・エニックス)
10月6日(木)
ガンスリンガー ストラトス3(スクウェア・エニックス)
10月7日(金)
神聖かまってちゃんの配信の鬼!(STORIA GAME TV)
10月8日(土)
DISSIDIA FINAL FANTASY(スクウェア・エニックス)
10月9日(日)
ゲームライブ配信チャンネル 戦え!ゲームプリンセス(STORIA GAME TV)
10月10日(月)
桃太郎電鉄16(コナミデジタルエンタテインメント)
10月15日(土)
ストリートファイターV(カプコン)
10月16日(日)
闘神祭 パブリックビューイング(タイトー)
10月27日(木)
BLAZBLUE CENTRALFICTION(アークシステムワークス)

未定
Alliance of Valiant Arms(ゲームオン)
オーバーウォッチ(スクウェア・エニックス/Blizzard Entertainment)
CHUNITHM AIR(セガ・インタラクティブ)
League of Legends(ライアットゲームズ)
ウイニングイレブン2017(コナミデジタルエンタテインメント)
※予告なくタイトル,イベント日時,内容が変更になる場合あり  


Posted by bibosan at 16:49Comments(0)

2016年09月22日

ソニック』を支えるキーパーソン飯塚氏

「25年間サポートしてくださったファンの皆さんに感謝!」
――まずは、『ソニック』25周年を迎えての、率直なご感想から教えてください。

イボ 25年が経過したとは信じられないです。私は、チームに入ってそれほど長くないのですが、飯塚さんはほぼ全部に関わってきたのはすばらしいことです。ソニックとは、学生のころに授業をサボってプレイしたりしたというつきあいがあります(笑)。ですので、この場にいられるのはとてもうれしいです。今回のパーティーでは、ファンの皆さんがどのように反応してくれるか、いちばんワクワクしています。ゲームとブランドを今日まで25年間サポートしてくださったファンの皆さんは、かけがえのない存在です。彼らの顔を見るのが、私にとって、何よりの喜びですね。

飯塚 25年も経ったんだなということで感慨深いのと同時に、今日は1000人を超えるファンの方がいらっしゃってくださっているのですが、25年経ってもこれだけの方々にお祝いしてもらえるのは、私たちも開発者冥利に尽きます。本当にうれしいです。  


Posted by bibosan at 17:55Comments(0)